神前式を行っている神社の選び方

披露宴をするかどうかで考える

歴史の重みを感じさせる伝統的な神社で、両家の親族に見守られながら厳かに式を挙げるカップルが増えています。神社の建てられている場所そのものがパワースポットでもありますし、日本ならではのスタイルを大事にしたいという考えから神社挙式が再評価されるようになりました。挙式が可能な神社は全国にたくさんありますが、いざ実際に式場として選択することになった時に、一体どのような観点で選べば適切なのかわからないという人もいるのではないでしょうか。神社選びの基準としてのポイントはいくつかありますが、まずは結婚式の流れを大まかに考えてから決めてみましょう。挙式だけを済ませて終わりにするのか、挙式後に披露宴をするべきかで選ぶべき神社が変わります。

挙式がしやすいかという現実的な問題で決める

基本的に両家の家族からなる少人数制の式となりますが、友人たちも呼びたい場合は、その神社の収容人数がどれくらいかも考慮する必要があります。挙式後に披露宴をする場合も、移動面での手間を考えなくてはいけません。ゲストに負担がかからず、自分達も移動時間をなるべくかけたくないという場合は、披露宴会場を持っている神社にした方が何かと楽です。結婚式場として、多くのカップルからの契約を集めたいと考えている神社はホスピタリティにも優れています。神社で式だけを行った後に、場所を移動して豪華な披露宴をするカップルも多いですが、このようなケースだと近くのホテルや式場と業務提携をしている神社にしておいた方が、結婚式の準備も楽に進むでしょう。