結婚式場で結婚式を挙げる時にはここで注意

神前結婚式で気をつけたい注意点

伝統ある結婚式場とは、歴史的な日本文化が漂う雰囲気で和の衣装に身を包んだ神前結婚式、また教会での挙式の後、高級で歴史あるホテルなどで結婚式を挙げるスタイルでの式場のことを言います。神前での結婚式は、神聖な場所であり、神に二人が結婚することを報告する日本古来の伝統的なしきたりです。挙式の間は、私語は厳禁とされていて、厳粛で清々しい雰囲気の中で執り行わなければなりません。また、神前式では新郎新婦だけに限らず、家と家との繋がりを重視する要素を盛り込むことが大切です。式場選びも、建物の手入れがよく行き届き綺麗に整えられた日本庭園のある、格式の高い神社が良いでしょう。式場によっては、参列者が親族に限られる場合があるため、友人や仕事の関係者などを招きたい時には早めに確認を取る必要があります。

洋式の結婚式場選びにおすすめ、ゲストハウス

洋装で結婚式を行う場合は、アクセスの良い立地にあり、駐車場が広く宿泊施設も充実したホテルが参列者に喜ばれます。伝統的な格式を重んじる結婚式にするには、ホテルの歴史や豪華さなどをよく調べて選ぶのが大切です。しかし、ホテルでは、他の利用客も居るため貸し切りのような状態での結婚式にはならないかもしれません。親族や友人だけ集まる場所が良いという人には、結婚式場としての専門性が高く、かつホテル並みの豪華さも兼ね備えたゲストハウスが人気です。結婚式を行う人だけのオリジナルな時間を演出するため、一軒の邸宅を貸し切っています。おしゃれな建物やテラス付きの庭、レストランの料理も豪華で、挙式にも壮大な教会を持っていることが人気の秘訣です。伝統ある結婚式の中にも、自由な雰囲気も味わうことができるでしょう。