神前式のデメリット

友人ゲストたちは参加できない

いちばんのデメリットとしては、挙式には基本的に親族のみしか参加できないということです。
チャペルで挙げる挙式とは違い、神社で挙げる神前式は、両家のつながりを大切にする儀式があります。また、広いチャペルとは違い、神社には親族以外のゲストが入るスペースがないために、一般的には親族のみで執り行われるのです。
そのため、挙式での見せ場となる指輪交換なども、直接親族以外のゲストには見てもらうことはできなくなります。どうしても挙式風景をゲストに見てもらいたいというなら、披露宴や二次会で神前式のムービーを流すことがおすすめです。日本の伝統的な神前式を見る機会も減ってきてしまっているので、ゲストも楽しめるでしょう。

気候、天候に注意したい

神社の境内へ向かうために、新郎新婦を先頭に親族が列を作って行進する風景も神前式ならではです。しかし、この演出はかなり天候に左右されてしまいます。神社の境内へ向かうためには、当然屋外を歩くことになります。番傘をさして奥ゆかしく歩く新郎新婦はとても綺麗ですよね。是非とも神前式ではこの演出をしたいというカップルが多いですが、雨や強風の場合は中止になってしまうことが多いです。
また、神社は砂利道が多く歴史ある建物だからこそバリアフリーが完備されていないところも多いです。そのため、ご年配の親族の方にはチャペルでの挙式以上に配慮する必要があります。
神社によっては境内は冷暖房完備がないところもあるので、気候にも左右されやすくなります。